ViDi フロントエンド Universal

 ViDi フロントエンドUniversalとは、Cognex ViDi Suiteにて学習させたランタイムワークスペースをインライン検査で使用するためのソフトウェアです。
 VisionProに対応したカメラで撮像した画像を検査し、結果の出力(※1)、および画像のOK/NGの振り分けを行います。
 検査に使用したいツールの種類や数、検査名などもお客様にて自由に設定できますので、将来的な検査項目の変更・強化などにも柔軟に対応できます。

(※1)ファイル/DIO/MCプロトコルへの出力が可能

仕様
ハードウェアおよびOS要件ViDi Suite v3.4推奨環境と同等。ただし、USBポートは、2つ必要です。 (ViDi、Ryuzeライセンスドングル用)
機能・撮像画像の自動検査
・指定した1つ以上のツールの欠陥検査判定
・検査結果による、画像のOK/NG振り分け
・検査結果のCSVファイル保存/DIOもしくはMCプロトコルへの出力
・アドオン機能による入出力機能追加

価格についてはお問い合わせください。
記載内容は予告なく変更する場合がございます。
ViDi Suite、VisionProは、Cognex社の商品です。